最新の投稿

バックフリップは、使用済みの電子機器を冷たくて現金に変える簡単な方法を提供します

バックフリップは、使用済みの電子機器を冷たくて現金に変える簡単な方法を提供します

Mike Barileは2年間を費やし、彼の最初のスタートアップであるBackflipを実現するために、2万ドル近くのクレジットカードの借金を積み上げました。

元経営コンサルタントは、最初はUberで、次にAppAcademy(Barileが共同創設者のAdam Foosanerと出会った場所)を通じてコーディングアカデミーのブートキャンプを行った後、Googleで、そして失敗した暗号通貨のスタートアップで、何年も苦労してスタートアップの仕事をしていました。

暗号通貨の経験に燃えたバリレは、バックフリップのアイデアを思いついたとき、次のことを考えて、家賃をかき集める方法を見つけようとしていました。電子機器をオンラインで販売した経験はまだ陰気で、BarileとFoosanerはもっと良い方法が必要だと考えました。

そのようにしてバク転になりました。 AndroidからXbox、AppleデバイスからGame Boysまで、使用済みの電子機器の代金引換を顧客に提供します。

「2019年3月に初めてバク転の作業を始めたとき、クリスという名前のこの子供に会いました。彼は私の古いiPhoneをいくつか購入したいと思っていました。彼はUSFの学生であり、副業として中古のデバイスを購入し始め、それらを再生してから、自分で販売するか、公式の再販業者に販売しました」とBarile氏は述べています。 「クリスは学校を中退してたくさんのお金を稼ぎ始めました。それは

「聖なるたわごと」の瞬間でした。彼はこれをすることでたくさんのお金を稼ぐことができます、そして彼は本当に良いことをしています。」

問題は安全性だとバリレ氏は語った。 「彼は現金を払って取得しているこれらすべてのデバイスを持っており、町中を運転しています…[再生および再販]業界で働くすべての人は、銃を突きつけられて強盗に遭うことについて少なくとも1つの話を持っています。」

Backflipは、買い手と売り手の仲介者となり、取引の管理に少額の手数料を支払うことで、この問題を解決しました。

同社は2019年末に最初の資金を調達しましたが、それ以前は、FoosanerとBarileは信用を失い、電子機器を使用していました。

これまでのところ、Backflipは約3,000台のデバイスの交換を容易にしています。同社は、デバイスの拭き取りや品質の確保から、電子機器の購入者の検索まで、すべてを処理しています。同社が提供したデータによると、同社はデバイスあたり約150ドルを支払い、サービスのユーザーに500,000ドル強を預けています。

「最初の数人のユーザーを獲得するために、あらゆる種類のことを行いました」とBarile氏は述べています。 FacebookMarketplaceとCraigslistに広告を掲載しました。私たちは夏の終わりに、最も必要最低限​​のモバイルアプリのようなもので実験を始めました。その時点では、それはアダムと私だけでした」とバリレは言いました。

現在、BackflipはUPSストアと協力して、使用済み電子機器の直接のドロップオフおよびパッケージングセンターを提供しています。時が経つにつれて、Barileは、これらのサービスが代金引換を提供するように拡大すると見ています。 「経験はアマゾンのリターンに似ています」と彼は言いました。 「私たちがあなたに支払うことを除いて。」

現在、同社の在庫の約半分は携帯電話とモバイルデバイスで使用されていますが、Backflipが受け入れようとしている数百もの電子機器についての噂が広まると、在庫の3分の1にまで減少する可能性があるとBarile氏は述べています。

「他の再販オプションとは異なり、Backflipはユーザーの時間と利便性を優先します」とFoosanerは声明で述べています。

「価格について交渉したり、交流会をスケジュールしたりすることを忘れてください。私たちは売り手のためにすべての仕事をし、彼らが公正かつ迅速に支払われることを確認するためにここにいます。バックフリップユーザーは、UPS Storeに持ち込むか、自宅で箱に入れる以外に何もしなくても、デバイスを最大限に活用していることを知ることができます。」

改装コミュニティとのつながりは、母親が「ストーンコテージワークショップ」と呼ばれる副業をしていたバリレにとって早くから始まりました。そこでは、彼女はeBayやバリルの牧歌的なニュージャージーの故郷近くの地元のリサイクルショップで改装された家具をひっくり返していました。

「私たちはあなたのアパートから物事が消えるようにするアマゾンを作りたいと思っています」とバリレは言いました。

Tags