最新の投稿

SoftBank Vision Fund 2は、メディアローカリゼーションプロバイダーのIyuno-SDIGroupに1億6000万ドルを投資しています

SoftBank Vision Fund 2は、メディアローカリゼーションプロバイダーのIyuno-SDIGroupに1億6000万ドルを投資しています

翻訳字幕やその他のメディアローカリゼーションサービスのプロバイダーであるIyuno-SDIGroupは本日、SoftBank Vision 2から1億6000万ドルの資金を調達したと発表しました。これにより、このファンドは最大の株主の1つになります。

Iyuno-SDI Groupは、Iyuno MediaGroupが先月SDIMediaの買収を完了した後に設立されました。 TechCrunchとの最近のインタビューで、Iyuno-SDIGroupの最高経営責任者であるDavidLeeは、2002年にソウルの学部時代にIyunoを立ち上げ、同社独自のクラウドベースのエンタープライズリソースプランニングソフトウェアがどのようにローカリゼーションサービスを実行できるかについて説明しました。字幕、吹き替え、アクセシビリティ機能-大規模。

Iyunoはまた、特定のエンターテインメントジャンルのデータでトレーニングされた独自のニューラル機械翻訳エンジンを構築して、人間の翻訳者がより迅速に作業できるようにしました。同社のクライアントには、Netflix、Apple iTunes、DreamWorks、HBO、EntertainmentOneが含まれています。

合併が完了したIyuno-SDIGroupは、34か国に合計67のオフィスを運営し、100を超える言語でローカリゼーションサービスを実行できます。

ソフトバンクグループは、2018年にベンチャーキャピタル部門であるソフトバンクベンチャーズアジアを通じてイユノメディアグループに初めて投資した。ソフトバンクビジョン2は、リーと投資家のアルター、シャムロックキャピタルアドバイザーズ、ソフトバンクベンチャーズアジアコーポレーションのIyuno-SDIグループの取締役会に加わる。

Tags

About the author

Haruki Murakami

Haruki Murakami

春樹はCESJAPANの取締役会のメンバーの一人です。 彼は主にコミュニティで働いており、チームがTechWorldで何が起こっているのかを理解するのに役立ちます。 彼は、テクノロジーとビジネスの世界の最新トレンドを最新の状態に保つために、彼女のすべての仕事の経験を読者と共有するのが大好きです。

Add Comment

Click here to post a comment