最新の投稿

ホンダは2040年までに北米で100%のEV販売を目標

ホンダは2040年までに北米で100%のEV販売を目標

ホンダの新たな目標は、2050年までにカーボンニュートラルになるというより広い目標の一環として、2040年までに北米で100%のEV販売を達成することです。 4月上旬に同社の経営幹部を引き継ぐ。

これは、レガシー自動車メーカーからの一連の誓約の最新のものであり、ゼロエミッション車の高い割合を自社のフリートに導入し、カーボンニュートラルを達成します。ゼネラルモーターズは2035年までにガスとディーゼルの小型車とSUVを排除し、2040年までにカーボンニュートラルにする計画であり、マツダ、三菱、日産はすべて2050年までに正味ゼロの炭素排出量に到達する計画であると述べています。ホンダの目標も一致しています2030年までに排出量を46%削減することを目指す日本の電化戦略。

ホンダは、EVが2030年までに売上高の40%を占め、すべての主要市場で2035年までに80%を占めると予想して、この道をすぐに開始します。日本で2番目に大きい自動車メーカーは、2020年の後半までに、自社のe:Architectureプラットフォームに基づいて、北米で一連の新しい電気モデルを発売します。これにより、「ボディと3つの主要なEVコンポーネント(バッテリー)の共通性が高まります。 、モーターとインバーター)、高いスペース効率とバッテリー取り付け効率も備えています」とホンダの広報担当者は述べています。

ホンダとその子会社であるアキュラも、2024年までにGMのUltiumバッテリーを使用した2つの大型EVモデルを発表する。同社は、商用トラックや電源などのさまざまな車両やアプリケーションに燃料電池技術を使用することで、GMとのコラボレーションをさらに強化する。 。

Tags